« トモコレ日記・その11 | トップページ | トモコレ日記・その12 »

2009年12月 9日 (水)

大正野球娘。~乙女達乃青春日記~

PSPゲームの『大正野球娘。~乙女達乃青春日記~』の感想です。

とりあえずおまけの部分が全て埋まっているので全ルートクリアしたというつもりで感想を書いてます。

最初に戸惑ったのはキャラクターデザインはアニメ版で、設定とかシナリオは原作版をもとに作られていたということ。それに気付くまでそれなりに時間が掛かってしまいました。

シナリオが結局練習試合までで終わっているのは次回作への伏線なのか単なる連載打ち切り的な事情なのかそれ以外なのかは不明です。

そういえば、レーティングがCERO:D(17歳以上対象)なのはどうやら14歳のキャラクター達がお酒を飲んでいるシーンがあるからみたいです。入浴シーンのCGで引っ掛かっているのかは不明です。

以下は蛇足です。

以下は全部の選択肢を試してはいないので推測になってしまうのですが。

クリアしたルートは巴、晶子、雪、環、静、乃枝。

小梅ルートがないのはギャルゲーの主人公的な位置づけで、各ルートのヒロイン(静を除く)と仲良くエンディングを迎えるからだとは思うのですが。

となると、鏡子と胡蝶のルートがないのは一体・・・・・・

特に胡蝶はアニメ版の俊足スキルもないので影が薄いです。

でも予約購入特典の小説は胡蝶視点の話なので少しは救われたのかな、と。

|

« トモコレ日記・その11 | トップページ | トモコレ日記・その12 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509890/46979340

この記事へのトラックバック一覧です: 大正野球娘。~乙女達乃青春日記~:

« トモコレ日記・その11 | トップページ | トモコレ日記・その12 »