« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

サッカー・Jリーグ

今日からJ2が開幕です。

ニッパツ三ツ沢球技場まで横浜FC対カマタマーレ讃岐を見に行ってきました。開幕戦を見に行くのは初めてです。

試合のほうは讃岐が前半30分までに2人も負傷交代なうえに点を取れる気配が全然無くてどうなることかと思っていたのですが、後半になって持ち直してセットプレーから先取点を取ってそのまま逃げ切り。去年に続いて開幕戦を勝利しました。

あと世間的に注目されているであろうカズも最後に出てきて盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

ソフィーのアトリエ・その5

ようやくクリアしました。

イベントが進まず先行きが怪しくなってきたので、仕方なく3日前のセーブデータで始めてとりあえずクリアできるのか確かめるために先に進めてみました。

すると進まなかったところから先に行けたのでそのまま終わらせることが出来ました。ということはプラフタを仲間にしないまま(戦闘に参加させないまま)クリアは無理なようです。

装飾品を1種類だけ強化したものをみんなに装備させたぐらいで武器なんかは初期装備のキャラがほとんどという酷い有様だったので、最後は苦戦しましたがなんとかラスボスを撃破しました。

今後の目標としてはトロフィーコンプリート目指すこととほとんど手付かずだったプラフタのドールメイクでしょうか。あと中盤からほぼ固定メンバーで戦闘していたので色々変えてみたいです。

続きを読む "ソフィーのアトリエ・その5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

真・女神転生Ⅳ ファイナル・その2

前作の主人公であるフリンが各方面からモテ過ぎてヤバいです。その一方で今回の主人公のナナシくんはうっかりクリシュナの封印を解いたせいで叩かれまくりです。

まあその後何とか挽回して各方面から手のひら返しされたわけですが。

そんな困難を乗り越えたナナシくんにも春がやってきたようで、どこでフラグを立ててきたのかトキの好感度が急上昇し幼馴染ポジションのアサヒと痴話喧嘩を繰り広げ、ノゾミ姐さんに生温かい目で見守られてます。

仮にツンデレなガストンさんと訳アリなハレルヤが女の子だったらもはやギャルゲーの世界です。

 

ところで忘れていた恐怖が帰ってきました。

マッカビームです。

一発喰らうたびに所持金がかなり溶けていきます。

昔はムド系の即死魔法で主人公が殺され即ゲームオーバーという恐怖がありましたが、今はマッカビームで即ロードです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

ソフィーのアトリエ・その4

ちょっと困った事態になりました。

話を進めていてプラフタが仲間になる(戦闘に参加できる)イベントがそれなりの錬金レベルを必要としていたので、先送りにしているうちに気が付けば話は終盤に。

あれもしかしてこのままクリアできるんじゃ・・・と思っていたらとあるイベントのところから先に進めなくなりました。

色々調べてもそこから先のイベントは自然発生のはずだし、プラフタを仲間にしないでクリアしたという情報もないし(周回プレイが必要ないのでそんな変なことをする人もいないのでしょうか)で、しかも調合の際の表示が変になるしでこのまま先に進めていいものか悩んでます。

幸いなことに3日前ぐらいのセーブデータがあったのでそこからやり直せば済む話かもしれませんが、そうなると最近の強敵打倒のためのアイテム作りこみをやり直す羽目になるし。

一番怖いのは3日前ぐらいのセーブデータでもクリアできないことです。それ以前のセーブデータは存在しないので、そうなると最初からやり直しです。

さてどうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

真・女神転生Ⅳ ファイナル・その1

まさかのⅣの続編というかなんというか。

前作はそれなりにやりこんでいたものの色々と不満もあったりしたのですが、かなり改善されているようです。完全新作だとシステムも一新されてまた変わってしまうのでそのへんはありがたいです。

プレイして最初に思ったのはこのシリーズでは異色ともいえるヒロインの存在でしょうか。幼馴染のカワイイ系ヒロインなんて。

だがしかしそんなヒロインだろうと容赦ないのがこのシリーズの常なのが恐ろしいところ。実際前作のヒロイン的立場のイザボー姐さんなんかルートによっては・・・・・・

ストーリーの続きが気になる展開が続くのでついつい先を急いでしまい、ボス戦では全滅寸前のギリギリの攻防ばかりです。さらに時折現れる頭を悩ます選択肢の存在で久しぶりに緊張感のあるゲームをプレイしている気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »