« 真・女神転生Ⅳ ファイナル・その6 | トップページ | COMIC1☆10 »

2016年4月25日 (月)

ベタ飼育日記

ベタさんがお亡くなりになってしまいました。

エサを食べなくなってしまい、寿命が来てしまったのがわかってからは見守るのがなかなか辛いものでした。しかもいよいよというときに数日法事で留守にしていたので最期を見届けることも出来なかったという。

イベントでもらってから約3年間育てましたが、そのイベントでもらっていったほかの子達よりはかなり長生きさせてあげられただろうとは思うのでその点は良かったと思います。

|

« 真・女神転生Ⅳ ファイナル・その6 | トップページ | COMIC1☆10 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!こんにちは(^^)
「わいわいペットフェスト2014」と「ベタ」で検索していて辿り着きました。
私も同イベントに参加し、ベタちゃんをいただいたのですが、最近あまりエサを食べなくなったので、どの程度生きるものなのかを調べていました。
もっと長く生きるのかと思っていましたが、ベタって寿命が短いんですね・・・
同僚もベタをいただいて飼っていたのですが、1年足らずで亡くなり、うちの子だけが唯一生きていました。今は私自身が結婚して賃貸におり、日中室温の変化が大きいので心配もあり、近くの実家に置いて母にお世話をしてもらっており、毎週末 見に帰っています。(ある程度大きい水槽に入れているので)

最近では、毎日心配でたまりませんが、同じイベントでいただいた子がこの春まで元気に長生きしていたんだなぁと思うと、勇気が出ました。

仕事で参加したイベントなのですが、私自身が動物が大好きなので、本当に楽しいイベントでしたし、必死で並んでいただいたベタちゃんを埼玉から奈良まで、7時間かけて連れて帰りました。
最近では水槽内でもあまり動かずじっとしていますが、1日でも長く、苦しまずに生きて欲しいと願うばかりです。

カピバラさんのベタちゃんも長く長く生きられた事、大切に育てられた証だと思います。ベタちゃんもとても幸せだったと思います(^^)
同じところから来た子を育てたということで、居ても立ってもいられず突然のコメント失礼いたしましたm(_)m

投稿: ちひろ@奈良 | 2016年9月 6日 (火) 10時28分

まさか同じイベントでもらってきたベタで現役がいたとは驚きです。
あのイベントで初めてベタを飼ってみたという人は多かったと思いますが、ここまで長生きさせてあげればイベントで配布するまでに育てて送り出した人たちもきっと喜んでくれるはずです。

投稿: ブログ主 | 2016年9月 6日 (火) 20時16分

こんにちは(^^)
またまた突然の書き込み失礼いたします。
約1ヶ月前に上でコメントした奈良のちひろと申します。

その節はお返事コメントありがとうございました!
その後、実家と新居を行き来し、頻繁にベタの様子を見に帰っていました。
ある日 突然ガクンと弱ってしまい、「あぁ、さすがにダメかな・・・」と思いましたが、そこから約1ヶ月頑張ってくれました。

先日の連休にもベタに会いに実家に帰り、ありがとうの気持ちを伝えましたが、
昨夜ベタが亡くなりました。
ご飯をあげる時に水槽の端をコンコンとすると、スーっと寄って来た可愛い子でした。
ベタがあんなに人なつこいとは知らなかったし、私自身が仕事で疲れた時など本当にベタの存在に癒されました。あんな小さな身体でよく最期まで頑張ったと思います。

元々動物は大好きですが、あのイベントでベタをもらい、埼玉から奈良までの距離を連れて帰った時、
自分にとってこんなに大きな存在となるとは思いませんでした。本当に感謝しています。
(最後はボロ泣きでした・・・ベタの寿命が短いことすら知らずに飼い始めましたが、しばらくベタは飼えそうにありません)

カピバラさんの仰るように、同じようにあのイベントがきっかでベタをもらい、ベタを大切に想い、これからも生き物とそのように関わってくれる人が1人でも増えると良いなと思います。

追伸
私も金魚・メダカ等 大好きで、小学生の時から20年以上 自宅で飼っています(^^)
可愛いですよね♪
うちのベタちゃん、カピバラさんのベタちゃんと天国で一緒に遊んでもらえると良いなぁ(^-^)

投稿: ちひろ@奈良 | 2016年10月14日 (金) 16時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509890/63537475

この記事へのトラックバック一覧です: ベタ飼育日記:

« 真・女神転生Ⅳ ファイナル・その6 | トップページ | COMIC1☆10 »