« メダカ観察日記 | トップページ | きんぎょ観察日記 »

2016年7月22日 (金)

イース セルセタの樹海

PS Plusの5月のフリープレイのタイトルにあって未プレイだったのでやってみてようやくクリアしました。

このシリーズは久しぶりだったのですが、随分と変わったなあという印象。

仲間と一緒に3人で敵を倒したりジャンプやらガードやら必殺技やらアクションが豊富になったり、何より難易度が低めになっていたことでしょうか。今までだとボス戦は繰り返し死んで覚えろという方針だったのが初見でも倒せるようになっていたのが結構驚かされました。まずはアクションが苦手な人でもクリアできるようにして物足りない人はさっさと難易度を上げろという方針なのでしょう。

今までだとレベルが早い段階で頭打ちになり回復アイテムの所持数もかなり制限されていたので、随分と緩和された気がします。

最初のうちは操作に慣れずに苦戦しましたが、慣れてくると楽しめるようになってきました。ただキャラクターによっては動きが重くて扱いにくかったので、最終的に操作するキャラが偏ってしまいました。

このゲームをクリアして結局謎なままだったのがメインヒロインは誰だったのか、という点でした。毎度のようにアドルがフラグを立てては現地に置いてけぼりなヒロインというのはお約束だとばかり思ってました。

まずカーナに最初に出会ったのでこの娘さんかと思ったらそもそも好感度が存在しないかのようなハイパー天然娘だったし、次のカンリリカはただのマスコット的キャラだったし、次のフリーダは昔の男が忘れられないのかアドルには全く興味無しだし(←勝手な想像)、もしかして仲間にならなかった外見的にもヒロインっぽいリーザだったのかと思ったら最後までそれっぽい描写も無かったし(というか電撃PSを読んでいたら『ヒロインのリーザはアドルではなくエルディールのことを慕っていた』と書かれているし)。

|

« メダカ観察日記 | トップページ | きんぎょ観察日記 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509890/63948386

この記事へのトラックバック一覧です: イース セルセタの樹海:

« メダカ観察日記 | トップページ | きんぎょ観察日記 »