« エッシャー展 | トップページ | サッカー・ワールドカップ »

2018年6月29日 (金)

サッカー・ワールドカップ

ポーランド戦は改めて西野監督の勝負師ぶりを思い知らされました。

まずは先発メンバーの大幅な入れ替え。メンバーを落としても負けることは無いだろうという読みは惜しくも外れました。相手の守備がかなり緩かったので点を取れなかったのが誤算だったのでしょう。

次は残り時間が少なくなってきたところでの他会場のコロンビア任せの時間稼ぎ。もしコロンビアが追いつかれたら、というリスクを冒してまでワールドカップという大舞台でよくその作戦を決断できたなと思います。

最後にセネガルとのフェアプレーポイントの差が順位を決めたわけですが、試合終盤になって実況がフェアプレーポイントと連呼しているなかで粛々と最終ラインでパス回しする様子は何ともいえない光景でした。

最後はコロンビアのおかげで決勝トーナメントに進めたからコロンビアに感謝、となりますがポーランドも最終的には談合試合に加担したわけですからポーランドにも感謝すべきでしょう。

ただ、最後にあんな試合を見せられた現地の観客は納得いかないでしょうし、普段サッカーを見てない人たちにとっては訳がわからなかったかもしれません。

これもまたサッカーのひとつの姿です。Jリーグやその他の試合を見ているとこういった理解は出来るけど納得いかない試合というのは存在するものです。

|

« エッシャー展 | トップページ | サッカー・ワールドカップ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509890/66883634

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー・ワールドカップ:

« エッシャー展 | トップページ | サッカー・ワールドカップ »