ペット

2017年5月 3日 (水)

きんぎょ観察日記

孵化から1週間が経過しました。

大量死という大きなトラブル以降は順調です。残された水槽のほうは水質が思っていたよりも悪化せずに済んでいます。砂利を少しずつ取り除いてカビの生えた卵も回収していったのが良かったのかもしれません。

ただエサをあまり勢い良く食べてくれないのがちょっと心配です。死んではいないので見てないところで食べていてくれるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

きんぎょ観察日記

大量の孵化から一夜明けて水槽を見たら、そこには死屍累々という言葉通りの悲惨な光景が。

動かなくなってしまった稚魚ばかりが水槽の底に沈んでました。わずかに生き残ったのが泳いではいたのですが、夕方に帰宅するともはや1匹もいませんでした。

原因はおそらく水質の急激な悪化ではないかと。孵化前にもっとしっかりと水を替えておけば良かったと思っても後の祭り。

不幸中の幸いなのが2つの水槽で産卵したためもう片方の水槽が無事だったことです。とはいえその水槽は底に砂利があって孵化できなくてカビの生えた卵がくっ付いて取れないので、こちらも水質が悪化しやすい環境だということ。

油断ならない状況が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

きんぎょ観察日記

昨日卵が早くも孵化して今日はそれが泳ぎ始めて、その数があまりにも多いので異様な光景となってます。

最近水温があまり高くなくて少し時間がかかると思っていたので、今日慌ててエサとなるブラインシュリンプの卵を買いに行ってきました。今日のうちにセットして明日にはエサをあげられるようにします。

一方去年孵化した子のほうは成長の止まってしまった1匹がついに死んでしまい残り1匹となってしまいました。ただその1匹は食欲も旺盛で親に追いつきそうな成長具合で非常に元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

きんぎょ観察日記

今朝親のほうの水槽を見たら水が濁っていたのでもしや、と思いよく見たら卵がありました。

最近になって3匹から2匹に減って片方は明らかにメスだとわかるのですが、もう片方がよく分からなくてどうなるのかと思っていたらどうやらオスだった模様です。

急いで親を別の水槽を用意して移動させたらなんとその水槽でまた卵を大量に産み始めてしまいました。おかげで金魚の産卵シーンという実に珍しいものを見ることが出来ました。

その後昼過ぎになってから親をまた別の水槽に移動させたのですが、そこからはすっかり大人しくなりました。産卵したり水槽を2回も移動したりでかなり負担があったので心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

きんぎょ観察日記

稚魚が孵化してから5ヶ月経過して残りあと2匹となってしまいました。

巨大化した方は約55mmで見た目ももう普通の金魚ですが、小さい方は約15mmとなかなか成長しません。いつ死んでしまうのかと心配しながら見守っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

きんぎょ観察日記

昨日一番成長の早い子が暴君と化し他の小さい子に危害を加え始めたのを見つけたので別の水槽に隔離しました。

急いでいたため小さくて底に少しヒビが入った水槽だったので、今日新しいものを買ってきて交換しました。

その暴君は元気が有り余っているのか水槽が狭いせいなのか真夜中でも水槽にぶつかったりする音が聞こえるほどでした。

残されたほうは平和にはなったのですが、どうにもエサをあまり食べないので心配ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

きんぎょ観察日記

今年になってから稚魚は脱落することなく孵化してから4ヶ月経過しました。

残りは6匹でそのうち2匹は随分と大きくなり色も付いてきて、さながらぶちスライム的なカラーリングになってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

きんぎょ観察日記

金魚の稚魚が生まれてから3ヶ月以上経過しました。

11月になって次から次へと死んでいってしまい残るは約10匹。ほぼ同じタイミングで生まれたのに成長にかなりの格差が出てきて、大きいものだと25mmぐらいで小さいのは5mmぐらいです。小さいのは生存競争から離脱するかと思いきや意外と頑張っています。

そして肝心の金魚らしい色になっているのはなぜか1匹のままで残りは黒っぽいフナのような色です。変わりそうな気配すらありません。

また水槽が汚れてきて中の様子が見えにくくなってきたので掃除したいところですが、前回の掃除の後から連続死が始まったので難しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

メダカ観察日記・最終回(仮)

ついに最後の1匹がお亡くなりになってしまいました。

エサも食べなくなって水槽の底でほとんど動かなくなっていて、冬眠には早すぎるだろうと思ったらそのまま永眠してしまったという。

随分と昔に熱帯魚から切り替えてメダカを飼い始めて、直近では4年ほど前に買い足してからは繁殖させて維持してきたのですがついに終わってしまいました。

そして水槽に残されたのは水草のみとなってしまいました。そのまま捨てるのももったいないので様子を見つつ金魚のほうに移してみたいと思います。

当分はメダカは新たに買わずに金魚の稚魚の飼育に専念したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

きんぎょ観察日記

この1週間の間に次々と(9匹)稚魚が死んでしまいました。最近急に寒くなってきてエサをあまり食べなくなったうえに、残したエサが水質を悪化させたのも原因かもしれません。それにそこそこ成長してきて1つの水槽では手狭になってきたのかもしれません。

このまま放っておくと全滅しかねない勢いを感じるので、まず水槽を2つに分けて1つはヒーターを使用することにしました。出来ればヒーターを使わずに乗り切って欲しかったのですが、そこまで成長しきれてないのかもしれないと思い方針を変えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧