ペット

2018年4月30日 (月)

きんぎょ観察日記

3つめの水槽の掃除をしました。

2016年の9月生まれの1匹のみなので水槽の汚れはそれほどでも無かったです。

この1匹はすでに親と同じぐらいまで大きく育ちました。何しろ同じ世代の仲間を犠牲にして生き残ったぐらいなので生命力が半端無いです。他の子と一緒にすると襲い掛かりそうで怖いので単独飼育してます。

あとその親はというと、また今シーズンも卵を産みました。

さすがにこれ以上は増やしたくないのですがどうしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

きんぎょ観察日記

今日は2つめの水槽の掃除でした。

今日の水槽は去年の4月生まれのうちの成長が早いのを分けていたもので、10匹いました。

昨日の23匹とあわせると去年の4月生まれは全部で33匹ということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

きんぎょ観察日記

久しぶりに水槽の掃除をしました。

とりあえず掃除したのは1つだけですが、かなり汚れていて洗うのは大変でした。

数を数えたら23匹でした。寒かった冬をヒーター無しで無事に乗り切りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

きんぎょ観察日記

今年も終わりということで、現状の確認です。

親(何年か前に縁日で持ち帰ったもの):2匹

2016年9月生まれ:1匹

2017年4月生まれ:たぶん34匹(先月数えてから変わってなければ)

2017年9月生まれ:8匹

水槽にヒーターを使わず寒い中ですが元気に泳いでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

きんぎょ観察日記

気が付けば孵化から半年が経過してました。

水槽の掃除をしたついでに数を数えてみたら34匹でした。

これから寒くなってどうなるのか気になるところです。去年の場合は秋に生まれたので寒さを乗り切れずに死ぬことが多かったのですが、今年は春生まれでそこそこ成長しているので何とかなりそうな気もします。

あと去年の生き残りの1匹は親と同じくらいの大きさまで育ってしまいました。相変わらず食欲が旺盛でどこまで大きくなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

きんぎょ観察日記

卵が孵化してから1ヶ月が経過しました。

最初のトラブルでの大量死以降はほとんど脱落することも無く順調に成長しています。今のところは水質に気をつけながら見守っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

きんぎょ観察日記

孵化から1週間が経過しました。

大量死という大きなトラブル以降は順調です。残された水槽のほうは水質が思っていたよりも悪化せずに済んでいます。砂利を少しずつ取り除いてカビの生えた卵も回収していったのが良かったのかもしれません。

ただエサをあまり勢い良く食べてくれないのがちょっと心配です。死んではいないので見てないところで食べていてくれるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

きんぎょ観察日記

大量の孵化から一夜明けて水槽を見たら、そこには死屍累々という言葉通りの悲惨な光景が。

動かなくなってしまった稚魚ばかりが水槽の底に沈んでました。わずかに生き残ったのが泳いではいたのですが、夕方に帰宅するともはや1匹もいませんでした。

原因はおそらく水質の急激な悪化ではないかと。孵化前にもっとしっかりと水を替えておけば良かったと思っても後の祭り。

不幸中の幸いなのが2つの水槽で産卵したためもう片方の水槽が無事だったことです。とはいえその水槽は底に砂利があって孵化できなくてカビの生えた卵がくっ付いて取れないので、こちらも水質が悪化しやすい環境だということ。

油断ならない状況が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

きんぎょ観察日記

昨日卵が早くも孵化して今日はそれが泳ぎ始めて、その数があまりにも多いので異様な光景となってます。

最近水温があまり高くなくて少し時間がかかると思っていたので、今日慌ててエサとなるブラインシュリンプの卵を買いに行ってきました。今日のうちにセットして明日にはエサをあげられるようにします。

一方去年孵化した子のほうは成長の止まってしまった1匹がついに死んでしまい残り1匹となってしまいました。ただその1匹は食欲も旺盛で親に追いつきそうな成長具合で非常に元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

きんぎょ観察日記

今朝親のほうの水槽を見たら水が濁っていたのでもしや、と思いよく見たら卵がありました。

最近になって3匹から2匹に減って片方は明らかにメスだとわかるのですが、もう片方がよく分からなくてどうなるのかと思っていたらどうやらオスだった模様です。

急いで親を別の水槽を用意して移動させたらなんとその水槽でまた卵を大量に産み始めてしまいました。おかげで金魚の産卵シーンという実に珍しいものを見ることが出来ました。

その後昼過ぎになってから親をまた別の水槽に移動させたのですが、そこからはすっかり大人しくなりました。産卵したり水槽を2回も移動したりでかなり負担があったので心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧